海外情勢

アップルCEO、香港の地図アプリ削除を擁護 「悪意利用の情報を得た」

 米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、香港の地図アプリを削除する同社の決定を擁護した。このアプリが警察を襲撃するために「悪意を持って」利用されていることを示す「信頼できる情報」を同社が当局から受け取ったという。

 アップルはアプリ「HKmap.live(香港マップ・ドット・ライブ)」について、今月にいったん配信を拒否した後に承認するなど二転三転した後、10日に「アップストア」から削除。アップルは、法執行機関や住民を危険にさらす恐れがあるため、香港当局と相談した上で今回の決定に至った。クックCEOはアップル社員に宛てた電子メールで同社としての考えを説明した。

 ブルームバーグ・ニュースが入手したメモによると、同CEOは「当社はここ数日間に香港サイバーセキュリティー・テクノロジー犯罪局と香港のユーザーから、個々の警官を暴力の標的にしたり、警察不在の場所で個人や財産に被害を与えたりするために、同アプリが悪意を持って利用されているという信頼できる情報を受け取った」と説明。同アプリは香港の法律にも違反しているという。

 同社は今回の動きをめぐり批判を受けており、クックCEOはそれに対応した。国内や海外での議論は重要であるものの、事実を支配しているわけではないとし、「今回のケースでは、当社はそれらを徹底的に調査しており、今回の決定がユーザーを保護する上で最善と考えている」と指摘した。(ブルームバーグ Mark Gurman)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング