海外情勢

MS、CO2排出マイナスに 30年まで、新技術へ10億ドル

 米マイクロソフト(MS)は16日、地球温暖化対策として、2030年までに二酸化炭素(CO2)の排出量を実質マイナスにする計画を発表した。50年までに1975年に設立してから排出したCO2の同量分の削減に取り組む。

 MSは10億ドル(約1100億円)の基金を設立し、CO2の削減や回収、除去の新技術開発を支援する。温室効果ガスの削減目標をめぐって、実質ゼロを掲げる企業はあるが、実質マイナスの目標は珍しい。

 MSは25年までにデータセンターなどで消費する電力について、再生可能エネルギーに移行し、30年までに会社敷地内の使用車両を電気自動車(EV)に替える。サプライチェーン(部品の調達・供給網)にも排出削減の取り組みを拡大する。(共同)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング