海外情勢

残酷映像が「清掃人」の心むしばむ ネット投稿、手作業削除の下請けで

 インターネットに投稿される残酷な映像や人種差別的な書き込みが世界的に問題となっている。巨大IT企業は不適切な投稿の削除に人工知能(AI)を活用するが、最終的な判断は人間の目に頼らざるを得ない。手作業での削除は、フィリピンやインドなど人件費が安い国に下請けに出されることが多い。不快な映像を見続けた従事者が心を病むケースもある。

 投稿を削除する職種は「インターネット・クリーナー(ネットの清掃人)」と呼ばれる。フィリピン南部ダバオの下請け業者で働く男性、レイエスさん(仮名)は、仕事を始めて1~2カ月で自分の善悪の基準がゆがんできたと感じた。

 「誰かが殴られていたら、以前は助けていた。今は『たいしたことはない。流血すらしていない』と思うようになった」。体の切断や自爆テロ、痛々しい児童ポルノ-。「もう一通り見た。ネットでは陰惨な映像ほど拡散する」。人間の心の闇に失望することもある。

 国際労働機関(ILO)によると、1分間に写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿される画像は5万件、ツイッターのつぶやきは35万件、動画投稿サイト「ユーチューブ」に掲載される動画は400時間分に上る。

 欧州で移民へのヘイトスピーチなど負の側面が目立つようになり、フランスやドイツは不適切投稿の削除を義務付けた。インスタグラムは対策にAIを活用。製品部門責任者、ビシャル・シャー氏は「ある程度確証があれば、自動的に削除する」と説明。月10万件以上の投稿を消すという。

 ただ、AIでは主観に基づく「不快さ」や「残酷さ」の度合いを判別しきれず、24時間態勢でネットを監視する人員が必要だ。フェイスブックは3万5000人で監視。日本でも多くの利用者がいるLINE(ライン)も対応に乗り出した。レイエスさんの勤務先は中国のIT企業から委託され、数百人が8時間交代でシフトを組んでいる。

 教師になるつもりだったレイエスさんは、2倍以上の給料に引かれてこの仕事を選んだ。「慣れると機械のように淡々と削除していける」と話すが、気付かぬ間に精神的なダメージは蓄積している。同僚は勤務中に突然叫び出し、幻覚も見ているようだったという。

 フィリピン大労使関係学部のアスンシオン学部長は「感情を失うこともあれば、激怒したり落ち込んだり、感情の起伏が激しくなることもある」と指摘。定期的な検診が望ましいが、国や企業の支援は不十分だという。(ダバオ、東京 共同)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング