海外情勢

ファーウェイCFOめぐり審理開始 カナダ裁判所、米引き渡しで

 2018年12月に米国の要請によってカナダで逮捕された中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)の米国への身柄引き渡しの可否を決める審理が20日、カナダ・バンクーバーの裁判所で始まった。

 孟CFOのリチャード・ペック弁護士は審理の冒頭、米国の訴因はカナダの法律で違法と見なされず、身柄引き渡しの条件を満たさないと主張した。カナダの身柄引き渡し規則によれば、判事が米国の訴因がカナダでは犯罪に当たらないと判断した場合、孟CFOは釈放される可能性がある。

 同弁護士は、孟CFOの身柄を引き渡した場合、カナダの同規則は有名無実化するだろうと語った。

 孟CFOは、自身らがイランで操業していた香港企業スカイコム・テクとファーウェイとの関係について英HSBCなどの金融機関に虚偽の説明をしたとして銀行詐欺などの罪で起訴された。

 ペック弁護士は「米国の起訴内容は孟CFOの引き渡しを容易にするためイラン制裁違反を詐欺罪に誇張しようとしたものであり、「詐欺罪は見せかけだ」と述べた。(ブルームバーグ Natalie Obiko Pearson)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング