海外情勢

退職時期はいつも「5年後」 JPモルガンCEO、進退でコメント

 米金融大手JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)は14日、後継問題や自身の進退に関する質問に「私の声明は同じままだ。5年だ。実際の退職日程が決まった場合は、お知らせする」と述べた。同氏は約6年前、「CEO職にあと5年間とどまる」と語っていた。

 JPモルガンは2018年1月、「5年前後」という残り時間が実際に経過し始めたと明らかにしていた。金融危機の際にウォール街の大手金融機関を率いたCEOらはダイモン氏を除いて全員が退任している。

 JPモルガンが14日発表した19年通期決算は米金融史上最高益となり、ダイモン氏に冗談を飛ばせる余裕を与えたかもしれない。(ブルームバーグ Max Abelson、Michelle Davis)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング