海外情勢

「治療効果出ている」 報道官がジョンソン英首相の症状明かす

 【ロンドン=板東和正】英国の首相報道官は8日、集中治療室(ICU)で新型コロナウイルス感染の治療を受けているジョンソン首相の病状について、「容体が安定しており、治療の効果が出ている」と説明した。ただ、首相官邸は「(医師が)ジョンソン氏の症状を慎重に観察し続けている」としており、予断は許さない状況だ。

 英保健省のアーガー次官は8日、ジョンソン氏が酸素吸入を受けたが、人工呼吸器を装着しなくても呼吸できる状態との見方を示した。一部の英メディアによると、ジョンソン氏は熱が下がっており、公務に復帰できる可能性がある。首相の代行を務めるラーブ外相は7日、ジョンソン氏が回復することに自信をもっていると話していた。

 ジョンソン氏は先月27日、先進7カ国(G7)の首脳として初めて自らの感染を公表。今月6日に容体が悪化し、医師の助言で集中治療室に移されていた。

 一方、首相官邸は8日、先月開始した外出制限について、緩和するかどうかを13日に検討すると予定していたが、取りやめたと発表した。緩和できると判断する科学的根拠が不足しているためという。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング