国内

日本維新の会「処理水で政治決断を」 環境相は明言避ける

 日本維新の会の遠藤敬国対委員長は10日、東日本大震災発生から10年となるのを前に、小泉進次郎環境相とオンライン会談を行った。遠藤氏は東京電力福島第1原発で増え続ける汚染水浄化後の処理水の処分をめぐり、海洋放出を念頭に早期の政治決断を求めたが、小泉氏は明言を避けた。

 小泉氏に提出した維新の提言では、処理水の処分方法について「希釈して海洋放出することが最も科学的に安全であり合理的と考えられる」とし、放出地域は「電力の大消費地である大都市沿岸など全国」としている。

 遠藤氏は「どこかのタイミングで政治決断すべきだ。われわれは党派を超えて協力する。発信力のある小泉氏だからこそ国民の理解も深まる」と訴えていた。

 会談には維新の浦野靖人、足立康史両衆院議員も同席した。環境省によれば、テレビ会議システムを用いた環境相への要望活動は初めてとみられるという。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング