国内

東京五輪パラの観客上限、6月最終決定も コロナ拡大で

 東京五輪・パラリンピックの観客数の上限について、最終決定を6月まで先送りする案が出ていることが21日、分かった。新型コロナウイルスの感染拡大により、現状での大会時の感染状況を見通すのは困難だとして、政府や大会組織委員会が検討に入った。

 組織委の橋本聖子会長は16日の記者会見で観客の上限について「感染状況を見ながら4月中には方向性を決めたい。最終的な判断には柔軟な対応が必要だ」と述べ、結論は5月以降になるとの見通しを示していた。国際オリンピック委員会(IOC)も同様の姿勢でいる。

 複数の大会関係者によると、観客数の上限については、収容人員の50%とする案や、無観客案などが選択肢としてある。

 政府や組織委、IOCなどは3月に5者協議を開き、海外からの観客受け入れの断念を決定。4月末にも再度5者協議を開き、観客上限について協議する。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング