国内

橋本会長「時間が必要」 東京五輪の観客上限、6月に判断先送りも 

 東京五輪・パラリンピックの観客数の上限について、組織委の橋本聖子会長は21日、国際オリンピック委員会(IOC)理事会後の会見で「最終判断の時期は検討中。適切な判断をするには少し時間が必要かもしれない」と述べ、6月まで先送りされる可能性もあるとの認識を示した。

 大会関係者によると、新型コロナウイルスの再拡大で、東京都や大阪府などに3度目の緊急事態宣言が発令される見通しとなり、宣言下での決断は困難との見方が強まったという。

 観客数の上限については、収容人員の50%以内、無観客のほか、国内で販売済みのチケットの購入者は全て入場可能とする案も検討されている。

 3月にはIOCなどとの5者協議で海外からの受け入れを断念。観客上限については4月中に再び5者協議を開き、方向性を決める方針だった。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング