国内

首相「GWを中心に対策講じ、感染拡大防止」 4都府県で宣言発令を諮問へ

 菅義偉(すが・よしひで)首相は22日、官邸で記者団に「ゴールデンウイークを中心に集中的な対策を講じ、感染拡大防止をなんとしても押さえ込んでいきたい」と述べ、東京、大阪、兵庫、京都の4都府県を対象に、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を23日の基本的対処方針諮問委員会に諮る意向を表明した。

 首相はまた、愛媛県に蔓延(まんえん)防止等重点措置を適用することも諮るとした。宣言の期間については「まだ検討中だ」と述べるにとどめた。

 4都府県で適用されている重点措置に十分な効果が得られなかった原因については「まだ検証していないが、変異株の拡大が大きな要因になっていると思う」と説明した。感染が拡大している福岡県に対する重点措置の適用に関しては「県とも調整しているが、現時点においてはない」と語った。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング