国内

首相、温室効果ガス排出46%減「まずは再エネ」

 菅義偉(すが・よしひで)首相は22日夜、2030(令和12)年度の温室効果ガス排出量の新たな国別削減目標を13年度比46%減とすると表明したことについて「まずは再生可能エネルギーを優先として行っていきたい」と述べた。その上で「海上風力、さらに太陽光も含め、全ての住宅など徹底した再エネを考えている」とも語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相はまた、削減目標46%の根拠について「積み重ねてきている政府としての数字だ。全力でやり遂げたい」と強調。原子力エネルギーに関しては「原発の再稼働は従来通りの数字は上がっている」と述べた。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング