海外情勢

イスラエルにミサイル攻撃 核施設標的か、報復も

 イスラエル軍は22日未明、隣国シリアからミサイル攻撃があり、イスラエル南部ネゲブ砂漠に着弾したと発表した。ネゲブ砂漠にはディモナ原子力センターがあり、核施設を狙った可能性がある。被害の有無は不明。軍は報復として、シリア側を空爆したと発表した。

 一方、国営シリア・アラブ通信は同日、首都ダマスカス近郊でミサイルなどによる空爆があり、そのほとんどを撃墜したと伝えた。イスラエルによる攻撃で、兵士4人が負傷したとしている。(共同)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング