国内

今年上半期の刑法犯認知27万7000件、最少ペース

 今年上半期(1~6月)に全国の警察が認知した刑法犯の件数は前年同期より3万170件少ない27万7300件(9・8%減)だったことが27日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。戦後最少を更新した昨年を下回るペースとなっている。

 警察庁によると、路上強盗や自転車盗など屋外で起きた「街頭犯罪」は、16・7%減の計8万2904件。月別では、新型コロナウイルスの感染拡大が顕著だった今年1月が1万1995件(35・1%減)だった。警察庁の担当者は、近年の減少傾向が継続しているとしながらも、「外出自粛により街頭での犯罪が減ったことも一因にあるのでは」と分析している。

 重要犯罪の認知件数を罪種別(未遂含む)で見ると、強盗607件(130件減)、殺人420件(32件減)、放火378件(19件減)。増加した罪種もあり、強制わいせつ1994件(176件増)、強制性交682件(50件増)、略取誘拐・人身売買196件(39件増)だった。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング