国内

フィリピンに借款2533億円 マニラの地下鉄建設支援

 政府は27日、日本の官民が支援するフィリピン・マニラ首都圏の地下鉄建設計画のため、最大約2533億円の円借款を同国政府に供与すると発表した。2018年に第1期として最大約1045億円を供与しており、今回は第2期の融資。開通は25年を目指している。

 地下鉄は首都圏の北部とマニラ空港などを結び、日本の大手ゼネコンや国際協力機構(JICA)が駅の建設や人材育成に参画している。17年に当時の安倍晋三首相が首脳会談で表明した、政府開発援助(ODA)と民間投資を合わせた5年で1兆円規模の支援の一環となる。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング