国内

日本医師会、宣言対象の全国拡大検討を要請 「病床逼迫が発生」

 新型コロナウイルスの感染急拡大で医療体制が逼迫(ひっぱく)するとして、日本医師会(日医)などは29日、「今後の爆発的感染拡大を避けるため危機感の共有と対策が必須だ」とする緊急声明を発表した。政府に対し、ワクチン接種の推奨のほか、緊急事態宣言の対象を全国に広げることを検討するよう要請した。

 緊急声明では「病床逼迫が現実に発生しつつあり、専門家が事前に示した感染予測を上回りかねない」と強調。政府には、ワクチンの十分かつ安定的な供給を改めて要請した。

 さらに、若い世代で重症化するケースが増えているとして、接種のメリットが副反応よりも大きいことを訴えるよう求めた。感染収束のめどがつくまで「徹底的かつ集中的に」テレワークや直行直帰の推奨も要望した。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング