国内

2年度の繰越金30兆円超、コロナ補正で過去最大 巨額対策執行滞る

 財務省は30日、国の令和2年度一般会計予算のうち、3年度への繰越金が過去最大の30兆7804億円となったと発表した。2年度は新型コロナウイルス対策として3度の巨額の補正予算を組んだが、感染拡大が収まらず事業の執行が滞った。これまでの最大は東日本大震災後の平成24年度の7兆6111億円だった。

 国の予算は単年度主義が原則で、年度内に使い切らない場合は国庫に返納する必要がある。災害などやむを得ない場合、例外的に翌年度に繰り越すことを認めており、今回も適用した。

 繰越金で最も多かったのは、企業の資金繰りを支援する官民金融機関による実質無利子・無担保融資の予算で6兆4140億円を繰り越した。医療機関向けの緊急包括支援交付金は1兆4586億円、観光支援事業「Go To トラベル」の予算は1兆3353億円だった。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング