海外情勢

正恩氏、米韓演習けん制 初の講習会で軍引き締め

 北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、朝鮮人民軍の指揮官や政治担当幹部を集めた史上初の講習会が24~27日、平壌で開かれたと報じた。金正恩朝鮮労働党総書記は演説で、いかなる軍事挑発にも対処できる準備を整えるよう指示。「敵対勢力は執拗(しつよう)に各種侵略戦争演習を強化している」と述べ、夏の合同軍事演習を控える米韓両国を強く牽制(けんせい)した。

 講習会は27日の朝鮮戦争休戦記念日に合わせて開催。新型コロナウイルス禍や制裁長期化で経済難に直面する中、軍を引き締め、内部結束を図る狙いがあるとみられる。

 金正恩氏は韓国の文在寅大統領との親書交換を通じて関係改善の必要性で一致し、27日に南北間の通信回線を約1年ぶりに復旧させた。硬軟両様で米韓に揺さぶりをかける構えだ。(共同)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング