海外情勢

北の指令受け活動か 韓国、米戦闘機配備めぐり捜査

 複数の韓国メディアは31日までに、北朝鮮工作員の指令を受けて米国製最新鋭ステルス戦闘機F35Aの韓国軍への配備に反対する活動をしたとして、警察当局と情報機関の国家情報院が国家保安法違反の疑いで活動家ら4人を捜査していると報じた。

 主要紙の中央日報によると、警察は活動家らが工作員と接触後にF35A導入に反対する署名運動やデモを行ったとみている。既に韓国中部・清州の自宅や事務室などを家宅捜索したという。

 活動家の一人は同紙に対し「戦争を助長し、住民の安全を脅かす戦闘機を追い出すため、対策委員会をつくって活動した」と述べ、北朝鮮工作員とは「会ったこともない」と否認したという。

 北朝鮮はF35Aを「殺人装備」と呼び、韓国軍への配備に強く反発。「朝鮮半島情勢を軍事的な緊張激化に向かわせる危険千万な行為だ」などと批判してきた経緯がある。配備は既に行われた。(共同)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング