海外情勢

中国、北朝鮮の巡航ミサイル発射に「各国は抑制を」

 【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は13日の記者会見で、北朝鮮の新型長距離巡航ミサイルの試射について、「各国が抑制を保ち、向かい合い、積極的に対話や接触を推し進めるよう中国は呼び掛けている」と述べた。

 中国側は、北朝鮮の非核化の進展に応じて米国が対北制裁の緩和などを進めるべきだと主張しており、こうした立場についても改めて表明した。ただ、習近平国家主席が10日にバイデン米大統領と約7カ月ぶりとなる電話会談を行うなど米中関係の改善を模索していることもあり、米国を名指しで批判することは避けた。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング