5時から作家塾

深刻な介護の人材不足を解決へ 大阪発、新ビジネスモデルで難題に挑む

吉田由紀子
吉田由紀子

 超高齢化社会を迎えた今、大きな問題となっているのが、介護の担い手不足である。団塊の世代が75歳の後期高齢者になる2025年には、全国で38万人もの介護士が不足すると厚生労働省が明らかにしている。特に東京、大阪、名古屋の都市部では、深刻な人手不足が予想されている。この「2025年問題」は、政府も急務の課題に掲げており、対応を進めている状態だ。

 人材不足を補うため、介護ロボットを導入したり、外国人の介護士を採用する施設も増えている。しかし、根本的な解決になっていないのが現状だ。

 そんな状況を打開しようと、画期的な方法を試みている事業者がある。大阪にある『ずっとケアスクール「With YOU」』という介護専門の学校だ。

 この学校では、65歳以上の元気な高齢者やシングルマザーを対象に、無料で介護士の養成コースを受講できる制度を導入している。「介護人財38万人創出プロジェクト」という、この新しいビジネスモデルを考案した、株式会社SIM・代表取締役の重松和孝さんに取材をした。

 「介護に携わる人は、現在全国に200万人います。2000年以降介護職員は増え続けているのですが、それを上回るスピードで高齢者の方が増えているのが現状です。今後、介護の担い手が順調に増えても2025年には38万人が不足すると予想されています。今はどの業界も人手不足ですので、あえて介護業界に入ろうとする人は少ない状況です」(重松さん、以下同)

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング