CAのここだけの話

機内でCAと仲良くなるためのポイント 機材ごとに有利な席は異なる

田中玲菜
田中玲菜

 SankeiBiz読者のみなさんだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけ」の話。第63回はアジア系航空会社勤務乗務4年目の田中玲菜がお送りいたします。

機内という空間を利用しCAと仲良くなる方法

 飛行機を利用した際に親切丁寧な対応をしてくれるCA。そんなCAと付き合ってみたいけどなかなか出会えない…という男性の方、機内でCAと仲良くなることはできるのか? という疑問をお持ちになったことはありますでしょうか? 実は意外と可能かもしれないというのが答えです。

 第60回「CAと出会えるイマドキの方法」でも書かせていただきましたが、実はCAにはシングルが多く、出会いに恵まれない人が多いのです(苦笑) CA自身も、機内でお客様と出会い、付き合うなんてシーンに密かに憧れていて、チャンスをうかがっていたりします。自分の好みの男性客がいらっしゃると、ギャレーでCA同士がその話題で盛り上がったりもしています(笑) 薬指に指輪をはめているかどうかもしっかりチェックしていたりします(笑) 

 …ということは、きっかけさえあれば(お互いの好みも一致していれば)機内でCAと出会い仲良くなることは可能ということです。では、どうやって仲良くなることができるのか、CA目線でのおすすめの方法をご紹介します。

 前提として、仲良くなるにはコミュニケーションを取る必要がありますよね。飛行機は基本的にずっと座席に座っていて、人が密集している所なので、個人的にCAに話しかけるのは抵抗がありますよね。なので、まずはお客様として好感を持ってもらうことから始めましょう。

CAが好感を持つ男性客とは

 ジェントルマンであることが好感を持たれるポイントです。特に忙しい時、CAに協力的なお客様にはとても好感を持ち、印象に強く残ります。

 例えば搭乗中に手荷物を収納する際、通路を塞いでしまうことが多いですが、手際よく他のお客様の妨げにならないように配慮しながら収納したり、他のお客様が手こずっていたらさり気なく手伝ってあげるなどです。特にCAが重たい荷物を上の棚に上げようとしているのをサポートしてあげたりするとかなりポイントが高いです。手荷物の収納を手伝うのはCAの仕事ですが、女性の力ではなかなか大変な重労働です。それをヘルプしてくださるお客様はとっても助かるので感謝するのです。

 その他のポイントは、サービスの受け取り方です。食事やドリンクサービスを受ける時、CAがスムーズに配布しやすく配慮する姿勢を見せて、また受け取る時と下げる時は目を見ながらありがとうございますとはっきりお礼を言えるといいですね。声に出すのが恥ずかしければ態度で示していただければ大丈夫です。

 サービス業であるCAは、おもてなしすることに慣れている分、逆に受ける側になることに慣れていません。お客様のほうから逆にこうした気遣いを感じられると、それだけ他のお客様との差が際立って好印象を持たれるに違いありません。これで他のお客様との差ができ、有利な立場になるでしょう。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング