5時から作家塾

地方活性に一助、「旅をしながら働ける」新サービスが大反響

吉田由紀子
吉田由紀子

 旅費、交通費ゼロで地方に行ける。

 旅先では食事や宿泊が無料になる。

 その代わりに1日6時間、現地で働く。

 なかなか魅力的な求人だが、これは実際に存在する案件だ。

 2019年10月に始まった「タイミートラベル」というサービスが、こんな画期的な求人を募集して話題になっている。立ち上げたのは、アルバイトアプリで知られるタイミー。地方と都市部の人材をつなぐために始めた、新しい形のワークシェアリングサービスである。

 タイミートラベルの求人は、現地の滞在は1週間程度、1日6時間の労働以外は自由に行動できるようになっており、観光や他の体験をするのも可能だ。そのため、多数の応募者があり、これまで最高12倍になった案件もあるという。

 どんな求人があるのか一例を紹介しよう。地方の農業をはじめ、スーパー、飲食業、ホテル・旅館などのサービス業が多い。農業では、鹿児島県の種子島で特産の安納芋の収穫や岐阜県高山市でパプリカの収穫、日本最南端の波照間島で農家の手伝いなど。サービス業では、沖縄のリゾートホテルやスキー場などがある。確かに交通費が無料なら行ってみたい気がする。

 試験的な求人、50倍で手応え

 なぜ、この事業を立ち上げたのか。株式会社タイミー取締役副社長の川島諒一さんに取材をした。

 「アルバイトアプリのタイミーを運営する中で、地方のお客様からの問い合わせが増えてきました。タイミーを使って求人をしたいとの希望が多かったのですが、求人エリアが都市部に限定されており、すぐに希望に添うことが難しい状態でした」(川島諒一さん、以下同)

 ここ数年、全国的に人手不足の傾向が強くなっている。とりわけ地方では高額な賃金を出しても働き手が集まらない厳しい現状がある。

 「タイミーを全国展開すればいいのですが、それではどうしても時間がかかってしまいます。そこで、都市部の人が旅をしながら地方で働くというサービスを考え、立ち上げました。2019年4月に試験的に求人を行ったところ、50倍もの応募倍率となり、事業化への手応えを感じて、10月に本格的にスタートしたのです」

 「採用者にはタイミーより事前に交通費が支給される。現地での宿泊については、ホテルや社宅などが提供され、食事もすべて支払い不要となっている。賃金はこれら滞在費に充てられることとなるが、実働時間は6時間と比較的短いため、滞在地で興味ある体験なども満喫することができる。これが人気の一因でなっている」

 どんな応募者が多いのか

 スタートして3カ月余りだが、すでに数千人が登録をしているという。どんな応募者が多いのだろうか。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング