5時から作家塾

インポッシブル・フーズや水耕栽培 CES 2020で見た新たな「食」への取り組み

岡真由美
岡真由美

 今年1月に米国ラスベガスで開催されたCES 2020において、植物由来の材料から作った「肉」で急成長中のインポッシブル・フーズが、「インポッシブル・ポーク」を発表した。同社はこれまで牛肉に味や食感を似せたハンバーグを開発、レストランやファストフード・チェーン店に供給してきたが、今度は「豚肉」を出してきたのである。

 同社はCESで記者会見を開いたほか、昨年と同様に会場であるラスベガス・コンベンション・センターの屋外展示スペースにブースを設置、来場者に新しい「インポッシブル・ポーク」と、米大手ハンバーガー・チェーン店ホワイト・キャッスルが実際に販売している「インポッシブル・スライダー(パテはインポッシブル・フーズ製の「牛肉」)を、交互に無料配布した。インポッシブル・ポーク・バーガーはベトナムのサンドイッチ、バインミー風で、やや固めのパンに「ポーク」、そしてキュウリと甘酸っぱい人参・大根(なますに近い味)が挟んであった。「バインミーだよ」といって出されれば、信じたと思う。そのくらいレベルの高い味だった。またスライダーのほうも、昨年初めてCESで食べたときよりも味が改善されているように感じた

 こうした植物由来の「肉」は、ベジタリアンやビーガンをターゲットにしていると思われるかもしれない。しかし、動物の肉を用いない「肉」の生産工程は、環境にも優しいことがわかっている。例えば、インポッシブル・フーズのバーガー製造は一般的な牛肉のバーガー製造と比べ、使用する水が87%も少ない。また同社と競合する、同じく植物由来の肉を生産するビヨンド・ミートがバーガー・パテを作るのに必要とする土地は、牛肉パテの生産に要する土地よりも93%も少なくて済むという。

 CES 2020ではまた、水耕栽培や植物工場の展示も複数見られた。例えば、韓国のエヌ・シングは、屋内にずらりと並べられた小さなキューブにひとつずつ野菜の種をまき、温度、湿度、LED照明などを、すべてコンピューター制御する野菜育成システムを開発した。情報はセンサーによって取得、湿度や温度などの調節はスマートフォン1台でできるため、世界中どこにいても野菜の管理が可能だ。また、個々のキューブは小さいため、小さなスペースから広大な施設まで様々な設備内に設置可能で、エヌ・シングはその1つとして、大型トラックの荷台サイズのコンテナ内にキューブを並べ、さらにそのコンテナを二段重ねにした実例写真を紹介していた。

 日本を含む先進国では人口減少が始まって久しいが、全世界的に見ると人口は確実に増えている。しかも人口増加地域には貧しい国が多く、より持続可能な方法で、食糧生産性を高める必要がある。米ヴァンダービルト大学の教授で環境ジャーナリストのアマンダ・リトル氏は、著作『食物の運命(The Fate of Food)』において、近年の気候変動による自然災害の多発が食糧生産に悪影響を与えており、今後はインポッシブル・バーガーのような肉の生産、水耕栽培や植物工場が増えていくだろうと記している。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング