働き方ラボ

『失敗の本質』おじさんになるな 笑える失敗で“コロナ疲れ”を吹き飛ばせ

常見陽平
常見陽平

 コロナ疲れを吹き飛ばす方法として、私は痛快な読書、しかも人の失敗から学ぶことができる読書をおすすめする。「『失敗の本質』を読め」おじさんにうんざりしているあなたにおすすめだ。

 組織の破綻を防ぐ参考に

 一つは『バンド臨終図鑑』(速水健朗、円堂都司昭、栗原裕一郎、大山くまお、成松哲 文春文庫)である。文字通り、「あのバンドは、なぜ解散したのか?」ということにとことん迫った、バンド版『失敗の本質』である。

 よくバンドの解散や活動休止のリリース文で「音楽性の不一致により」というものがある。それなりに説得力があるようで、これほど信用できない言葉はない。なぜなら、普段のバンドのプロフィール、インタビュー、ライブのMCでは「幼い頃からバイオリンを習っていたギターの淳一郎によるクラシカルなフレーズと、繁華街でリアルにストリートファイトに明け暮れていたベースの陽平のパンキッシュなボトムなど、バラバラの個性が絡み合うことが彼らの魅力」というふうに言われているのに、なぜ、今さら「音楽性の不一致」なのかと。

 実際は、カネの問題、ドラッグ、メンバーの病気や死、女性関係、事務所のトラブル、仲間割れ…。まあ、色々ある。たまに美しい解散もあり、心が洗われるのだが。ビートルズからSMAPまで、古今東西のバンド191の終わり方を描いた、もうお腹いっぱいの本なのだ。この本を読むと「人間って、しょうもないなあ」と思い、むしろ吹っ切れたりもする。

 なんせ、このコロナによる混乱である。働き方の混乱もそうだが、経済環境が悪化する中、今後、業績が厳しくなる可能性もある。混乱期において、組織の破綻をいかに防ぐか。参考になる。

 もう一つ、超絶オススメ本をご紹介しよう。『書評の星座 吉田豪の格闘技本メッタ斬り 2005-2019』(吉田豪 ホーム社)である。もう、タイトルだけで何の本かわかると思う。なんせ、プロ書評家の吉田豪のメッタ斬り芸を堪能できるのだから、それだけでもうこの本を読む価値はある。

 しかも、その矛先が格闘技本なのだからたまらない。格闘技本も自伝、ルポルタージュなど様々だ。なんせ格闘家という普通のサラリーマンとは違う人たちの生き様が描かれている本である。ゆえに、トンデモ本もそれなりに存在する。「もう時効だけど」と言って語りだす経営者や上司の話が「いや、それ問題ですから、犯罪ですから」と突っ込みたくなるのと同じような暴露話、ファンでも聞きたくないどうでも良い自分語りなどもある。さらには、明らかに矛盾している話がそのまま出ていたりもする。

 取り上げられている本のタイトルと著者名の一部を見てほしい。これだけで、期待感や嫌な予感が高まりまくることだろう。格闘技に興味のない人でも「嫌な予感しかないな」と思うことだろう。

『野獣の怒り』ボブ・サップ

『あなたの前の彼女だって、むかしはヒョードルだのミルコだの言っていた筈だ』菊地成孔

『青春』魔裟斗

『幸福論』須藤元気

『蘊蓄好きのための格闘噺』夢枕獏

『覚悟の言葉』高田延彦

『平謝り』谷川貞治

 格闘技ファン以外にもぜひ、読んでほしい。これまたしょうもない部分も含めて、「人間っていいな」と思える内容だ。不思議と元気が湧いてくる。きっと、皆さんの会社の中にも経営陣や上司で浮いている人、ぶっ飛んでいる人がいることだろう。彼らと格闘家はイコールではないものの、そういう人たちに対する理解が深まるし、何かこう元気が出るはずだ。さらには、ツッコミの練習になることも間違いない。

 やや私の趣味によせた話をしてしまったが、人間は色々あるから面白い。というわけで、こういう時期は、様々な人の模索から学ぶことにしよう。

常見陽平(つねみ・ようへい)
常見陽平(つねみ・ようへい) 千葉商科大学国際教養学部専任講師
働き方評論家 いしかわUIターン応援団長
北海道札幌市出身。一橋大学商学部卒業。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。リクルート、バンダイ、クオリティ・オブ・ライフ、フリーランス活動を経て2015年4月より千葉商科大学国際教養学部専任講師。専攻は労働社会学。働き方をテーマに執筆、講演に没頭中。主な著書に『なぜ、残業はなくならないのか』(祥伝社)『僕たちはガンダムのジムである』(日本経済新聞出版社)『「就活」と日本社会』(NHK出版)『「意識高い系」という病』(ベストセラーズ)など。

【働き方ラボ】は働き方評論家の常見陽平さんが「仕事・キャリア」をテーマに、上昇志向のビジネスパーソンが今の時代を生き抜くために必要な知識やテクニックを紹介する連載コラムです。更新は原則隔週木曜日。アーカイブはこちら

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング