ビジネストラブル撃退道

職場でアイス食べる新人を変人扱い? 机にキャベツ入れてた私が伝えたい事

中川淳一郎
中川淳一郎

 日刊SPA!が5月25日に掲載した「社内でアイスを食べる新入社員。上司とのアリナシ論争が意外な方向に…」という記事をめぐり、ネットでは「何がいけない」といった反応が多数見られる。

 おやつにアイス?

 記事の内容としては、38歳の新入社員研修担当社員(信夫さん・仮名)が、休憩時間にアイスを食べていた新入社員に「おやつにアイスは違うのでは?」と伝えたところ、思いの他恨まれ、法務の部署に通報されてしまった、という話で「モンスター新入社員」の最新事情紹介になっている。

 ベテラン社員が「今の若い者にはついていけない…」と嘆く、「近頃の若い者は…」的定番記事だが、この手の記事は「新人類」「ゆとり社員」「さとり世代」などと勝手にオッサンが若者を分類し、「その考え方が分からん!」「時代は変わった!」と悶え苦しむパターンである。

 ここに登場する信夫さんは38歳だが、実に老獪である。彼はおやつを食べることは否定していないものの、せめてチョコレートぐらいであるべきでは、と考えているという。私は「別にアイスぐらい、いいだろうよ。妙なニオイをまき散らかすわけでもないし」とネットの反論に同意した。しかし、この記事を読んだ時「そういえばオレも同じだったな…」と苦笑してしまった。

 「今年の新人はヘンテコだ」

 1997年5月、1カ月の研修期間を経て配属された私は「今年の新人はヘンテコだ」とすぐに言われるようになる。理由はまず「ランチを食べない」ということにある。皆が連れだってランチに行くのだが、私は「1日2食」という生活習慣を崩したくなかった。そのため、先輩社員からのランチの誘いを断ったのだ。

 この時も「近頃の新人の考えることは分からん。ランチの時間というのはサラリーマンにとって重要なコミュニケーションの場なのに」という嘆きを周囲の人々が口々に語り合っていたと思う。だが、私は「1日2食」なのである。

 恐らくSPA!の記事に登場する新人も「休み時間はアイスを食べる」という学生生活を送っていたのであろう。う~ん、実に可愛げがあるではないか! あのね、オッサンになるとね、歯茎がキーンと痛くなってアイスみたいに冷たいものは食べられなくなるの。今のうちにたくさん食べておいてね♪ なんて今の私は思う。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング