CAのここだけの話

「女の園」はツラい? 楽しい? 新人CAとして心掛けていた3つのこと

神原李奈
神原李奈

 SankeiBiz読者のみなさんだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけ」の話。第99回は外資系航空会社に勤務する神原李奈がお送りいたします。

 航空会社というと、多くの方は「女の園」を連想するようです。よく聞かれるのが、「いじめとかある?」「怖い先輩いる?」などの質問です。わたしが新卒で入った日系大手航空会社では、所属CAの人数は数千人規模。年齢、出身、職歴、様々なCAが在籍しています。そんな女の園は、大変なのか? 楽しいのか? 今回は、その実態と、女の園でうまくやっていくために新人として気を付けていたことをお伝えします。

大変? 楽しい? 女の園の実態

 結論から言うと、「楽しい」です! 女性が集まるとトラブルが多いのではないか? と言われることもあります。もちろん、人間ですから相性が合わない人もいます。しかし、基本的には人に恵まれ、居心地の良い職場でした。

 毎日、色々な先輩方(CAとしても人間としても)とフライトし、刺激と学びの多い毎日でした。職業柄、世話好きで社交的な人が多く、お姉さんやお母さんに囲まれて過ごしている感覚でした。仕事のときは厳しく指導してくださる先輩も、飛行機を降りれば一人の女性。恋愛やファッションの話で盛り上がり、時には初めてご一緒した先輩と意気投合、ステイ先で買い物や食事、観光をするなんてこともありました。

 というのも、実はわたし、小学校~高校まで12年間女子校で育ってきたのです。そのため、入社時にも女の園だからと身構えることなく、何の違和感もなく、馴染んでいきました。それでも子供の頃から女性に囲まれて育ったからこそ自然と身についた、女性同士でうまくやっていくコツのようなものは、役立っていたように思います。そのなかでも、女性だけの職場で新人として特に気をつけていたことを、3つご紹介いたします。

1.基本中のキホン! 良好な関係は「挨拶」から始まる

 人間関係を築くうえで大切なコミュニケーションのひとつ、挨拶。基本中の基本ではありますが、意識して行っていました。

 例えば、以前フライトでご一緒した先輩と、また乗務するフライトが同じになった場合。わたしたちは、飛行機に向かう前にオフィス内のデスクに集合し、プリブリーフィングという打ち合わせをします。このブリーフィングの前に先輩をオフィスで見かけたら、「今日は宜しくお願いします」とご挨拶していました。デスクでお会いするときには、その日顔を合わせるのが二度目となるため、少し親近感がわき、その日はコミュニケーションよく仕事ができたように思います。

 また、デブリーフィングと呼ばれるフライト後の反省会が終わり、解散した後も同様です。自分がオフィスをあとにするとき。ご一緒した先輩に「今日はありがとうございました。またよろしくお願いいたします。お先に失礼します」と、挨拶をしてから帰るようにしていました。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング