公明・北側副代表 更迭の厚労省幹部の参考人招致「必要あればあり得る」

記者会見する公明党の北側一雄副代表=1月10日午前、東京都新宿区の党本部
記者会見する公明党の北側一雄副代表=1月10日午前、東京都新宿区の党本部【拡大】

 公明党の北側一雄副代表は7日午前の記者会見で、厚生労働省の統計不適切調査問題で更迭された大西康之元政策統括官の国会への参考人招致を野党が求めていることについて「必要があれば検討することもあり得る」と述べた。

 一方、一部野党が今回の問題に絡み「アベノミクス偽装」との批判を強めていることに関しては「現実に雇用状況は改善している。『アベノミクス偽装』というのはあたらない」と強調した。