就活、進む“ルールの形骸化” 「売り手市場・10連休」で内定前倒し加速 (1/2ページ)

会社説明会などの解禁を前にした2月下旬の業界研究イベントには前年を超える大学生の来場があった=東京都内
会社説明会などの解禁を前にした2月下旬の業界研究イベントには前年を超える大学生の来場があった=東京都内【拡大】

 2020年春卒業予定の大学生を対象にした就職・採用に関する会社説明会の開催などが3月1日に解禁され、企業の採用活動が本格化する。経団連が定める「採用選考に関する指針」に沿った採用活動は今回で最後となるが、人手不足を背景とした学生優位の「売り手市場」に加え、改元に伴う大型連休もあって内定時期の前倒しが加速。就職・採用ルールの形骸化がますます進んでいる。

 東京都内で2月下旬に開かれた大学生対象の業界研究イベント。リクルートスーツ姿の学生が間仕切りブースで企業からの説明に熱心に耳を傾けていた。「出展企業は昨年比で1~2割増えた」と主催社。建設内装大手の人事担当者は「昨年までは何とか採用予定人数を確保したが、今年はかなり頑張らないと」と危機感を口にする。

 就職情報大手のディスコによると、今回の採用活動で採用人数を「増やす」とした企業は28.0%で「減らす」企業の7.9%を大幅に上回り、従業員1000人以上の企業では「増やす」企業が3割を超えた。採用活動の見通しについては、「非常に厳しくなる」と答えた企業が48.6%と、2年連続で前年を上回る。

 こうした中、加速するのが実質的な採用活動の早期化だ。同社の武井房子上席研究員は、学生向けインターンシップ(就業体験)の実施企業が直近の数年間で急増、特に2月実施の割合が高い点を指摘した上で、「インターンが採用活動の一環として位置づけられており、IT企業などでは、選考の大詰めに入っている企業も少なくない」と実情を語る。

続きを読む