AIがモデルを審査!? 「副業モデル」マッチングアプリの挑戦 (1/3ページ)

 企業の採用から男女の出会いに至るまで、人や仕事などを人工知能(AI)を使ってマッチングさせるサービスが広がっている。副業でモデルをしたい人と、広告用などにモデルを探している企業を結び付けるアプリ「週末モデル」を運営するMONOKROM(東京都渋谷区)は2月27日、このモデルのマッチングにAIを活用する取り組みを始めると発表した。(服部良祐,ITmedia)

 具体的には今後、AIにモデルの審査を「担当」させたりもするという。ただ、モデルの選抜というと、企業の人間が候補者を面接するアナログなオーディションを想像してしまう。容姿やキャラクターなどちょっと数値化しにくい評価基準が多そうなモデルのマッチングを、AIはどう担うのか。

副業でできる「週末モデル」。写真は本業で介護福祉士を務める女性(MONOKROM提供)

副業でできる「週末モデル」。写真は本業で介護福祉士を務める女性(MONOKROM提供)

AIが“主観”なくモデル審査

 週末モデルは、主婦や会社員など本業を別に持つ女性が登録することで、副業としてモデルの仕事に応募できるアプリ。2017年末にサービスを開始してモデルは現在約1500人、仕事を募集する企業は約300社登録している。主にWeb上の動画を始めとした広告の案件が多いという。

 副業として気軽にモデルに挑戦したい女性と、専業のプロモデルに頼むよりコストを抑えて広告を作りたい企業を引き合わせる仕組み。成約すれば運営側は3割の手数料をもらう。

アプリを通し企業からモデルの仕事を受ける(MONOKROM提供)

アプリを通し企業からモデルの仕事を受ける(MONOKROM提供)

 今回、サービス運営会社のMONOKROMは、AI開発のベンチャーであるAIQ(東京都千代田区)と業務提携した。同社が持つビッグデータ解析の技術を導入し、これまで人力で大量の情報をさばいてきたモデル審査をある程度、AIが主観を交えず自動的にこなすようにしていくという。

SNS投稿でモデルの趣味を分析