【エンタメよもやま話】AIが仕事の自動化を加速 米国では3600万人以上が失職か? (1/4ページ)

JR大阪駅で行われたAI技術を活用した案内システムの実証実験。シンクタンクも変わる?=昨年10月、大阪市北区(柿平博文撮影)
JR大阪駅で行われたAI技術を活用した案内システムの実証実験。シンクタンクも変わる?=昨年10月、大阪市北区(柿平博文撮影)【拡大】

 今回ご紹介するエンターテインメントは、オートメーション(自動化)とAI(人工知能)に関するお話です。

 産経ニュース2014年3月30日付の本コラム「記事3分間で完成“ロボ-ジャーナリズム”…あらゆる職業の半数が機械任せとなる“驚愕の未来”」でご紹介したように、英国オックスフォード大学が2013年9月に発表した研究・調査結果によって、昨今のロボット工学や人工知能(AI)の飛躍的な進化によって、米国では702種類の職業のうち、約半数にあたる47%の職業が10年から20年後、機械化される可能性があるとの報道がありました(2014年3月22日付の英紙ガーディアン電子版など)。

 いま、AIがもたらす将来の産業構造の激変が、さらにはっきりしてきたのです。今週は、AIがもたらす未来についてご説明いたします。

 あなたの仕事も、7割…

 AP通信を引用した1月24日付の米金融系ニュースサイト大手、マーケットウォッチやロイター通信、米経済誌フォーチュン(電子版)などが、米の有力シンクタンク、ブルッキングス研究所(米ワシントンDC)の研究調査結果を引用し、報じているのですが、米ではAIが既存の仕事の自動化をさらに加速化させることで、2030年までには、全労働者の4分の1にあたる約3600万人の仕事が無くなる可能性が極めて高く、残りの約75%の人も自分の仕事が他の人に取って代わられたり、ロボットや自動化機器に置き換えられる危険性にさらされるとしています。

続きを読む