働き方

自民、2020年代早期に最低賃金1000円 検討チーム提言案

 自民党の賃金問題などを検討するプロジェクトチーム(座長・後藤田正純衆院議員)は14日、最低賃金の全国平均を2020年代のできるだけ早期に1000円にするとの提言案を取りまとめた。

 政府は昨年まとめた経済財政運営の指針「骨太方針」でも1000円を目指すことを掲げている。後藤田氏は「政府に提言する、もしくは参院選の政策の肝として発信していく」と述べた。提言案では他に、中小企業への支援拡充や、男女間の賃金格差を是正することなどを盛り込んだ。

 後藤田氏によると、プロジェクトチームのこの日の会合では、全国平均の底上げに加え、20年代のうちに、最も低い都道府県でも1000円を達成するとの目標を掲げるべきだとの意見も出たという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus