書評

『うまくいっている会社の「儲け」の仕組み』株式会社タンクフル・著

 ■話題の企業の利益のツボ学ぶ

 モノのインターネット(IoT)やAI(人工知能)といった最新技術で「儲ける方法」が、これまでと大きく変わってきた。例えば米エアビーアンドビーがホテルを一棟も建てていないのに「世界最大のホテルチェーン」となり、世界最大のネット通販会社であるアマゾンが本当の儲ける「場所」は通販ではない-など新しい「儲けの仕組み」を創造した「勝ち組企業」を紹介。LINE、フェイスブック、メルカリ、コマツ、あさひ、セブン銀行、日高屋など、街でよく見かける話題の企業の「新しい利益のツボ」が2色刷り図解で分かりやすく解説される。(青春出版社、1000円+税)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus