働き方

夏のボーナス 大手は97万円 経団連調査 2年ぶり減少

 経団連が11日発表した大手企業の夏季賞与・一時金(ボーナス)の第1回集計によると、組合員総平均の妥結額は97万1777円で、昨年夏比2.52%減と2年ぶりの減少となった。

 一方で、好調な企業業績や人手不足を背景に、総平均の妥結額は2年連続で過去最高を更新した。5年連続で90万円を超える高水準が続くのは、1959年の調査開始以来初めてという。最終集計は7月下旬に公表する予定。

 内訳は、製造業が昨年夏比2.29%減の94万2306円。建設など非製造業は3.31%減の134万275円。業種別では、15業種中、自動車や建設など11業種がマイナスだった。

 調査は東証1部上場で従業員500人以上の251社が対象。結果が判明した83社を集計した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus