転職・起業

「プロ経営者」松本氏が起業 放射冷却の省エネ素材を提供

 カルビーの最高経営責任者(CEO)やRIZAPグループの最高執行責任者(COO)などを務め「プロ経営者」として知られる松本晃氏が起業した省エネルギー素材を提供する「ラディ クール ジャパン」(東京都中央区)は11日、都内で設立記者発表会を開き、今後の事業展開などを説明した。同社はエネルギーを使わず物体の温度を下げる放射冷却技術「Radi-Cool」の日本での使用権を取得している。

 この技術は同社取締役の楊栄貴氏が米コロラド大学ボルダー校の教授時代に共同開発し、2017年2月に英科学誌「ネイチャー」で発表し、世界的に注目された。年内にフィルムや塗料として国内販売し、自動車や住宅、工場などさまざまな用途に展開する。

 代表取締役会長兼CEOの松本氏は会見で「本当に世のため人のためになり、ビジネスになる。しばらくは試行錯誤が続くが、画期的な製品として世に貢献し、しっかり稼ぎたい」と抱負を述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus