社会・その他

ファーウェイ排除、「1941年 米の対日制裁」連想 米中両国で強硬派を鼓舞 (1/3ページ)

 中国と米国が戦略をめぐって対立し、これを過去にあった対立に類推させるアナロジーが流行している。アテネ対スパルタ、大英帝国対ドイツ帝国、米国対ソ連などだ。そしてトランプ政権が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に事実上の禁輸措置を課したことで、フランクリン・ルーズベルト政権が1941年7月に決めた在米日本資産凍結も思い起こされる。

 ルール書き換え阻止

 米国は再び、アジアの大国に対峙(たいじ)している。この大国は地政学上の立場を主張、欧米依存から脱却するとともに、国益のため国際ルールの書き換えを目指している。ナショナリズムをあおり、国内で反対派の抑圧を続けている。こうした中国の行動を米国は経済をてこに変えさせようとし、軍事的展開も強化している。

 もちろん2010年代は1930年代とは違う。中国は隣国を侵略していないし、第二次世界大戦前の日米と比べ、米中の経済的な結び付きははるかに強い。米中がともに核の超大国であるという事実は、武力衝突の恐ろしさを計り知れないほど高めている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus