働き方

高年収のビジネスマンはアウトドア派? 動いてパフォーマンスを上げよ (1/3ページ)

SankeiBiz編集部

 仕事で良いパフォーマンスを出すためには、趣味やリフレッシュも大事というのは多くの人が感じているところだろう。ビジネスパーソンのあなたはふだんどうやってリフレッシュしているだろうか。高年収層と平均年収層を比較した調査から、興味深い実態が浮き彫りになった。

 人材サービス大手のパーソルキャリアは、趣味・リフレッシュ事情をテーマに、首都圏の会社勤めのビジネスパーソン男女計800人を対象にインターネット調査を実施。年収1000万円~1100万円未満の30~50代を「1000万円プレーヤー」、 400万円~500万円未満の20代~40代を「平均年収層」とみなし、それぞれ400人の回答をまとめて比較した。

 ここでいう「趣味」とは、アウトドア系、インドア系、それ以外(アウトドアともインドアとも明確にいえない)に大別できるだろう。アウトドア系では、たとえば「旅行」「ドライブ」「スポーツ・運動」「遊園地やテーマパークなどに行く」「イベントに行く」といったところ。一方、インドア系なら、「グルメ」「テレビ・動画」「ゲーム」「読者」といったあたり。それ以外では、「ショッピング」「お酒」「スポーツ観戦」「映画」などが挙げられよう。

「スポーツ・運動」で大差

 「あなたの趣味は何ですか」(複数回答)を聞いたところ、1000万円プレーヤーは平均年収層より、アウトドアの趣味の割合が合計でなんと40ポイントも多いことがわかった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus