キャリア

富豪も毛嫌い…インド在住の公認会計士が目撃した、現地の残念な日本企業 (1/3ページ)

 ゼロ成長の続く日本と異なり、毎年6~7%台の経済成長を続けるインド。進出をもくろむ日本企業は多いが、インド人経営者から取引を拒まれるケースが増えているという。インドでコンサルティング会社を経営する野瀬大樹氏は「ほかの国に比べて、日本企業は判断や動きがひどく遅く、毛嫌いされている」という--。

 ※本稿は、野瀬大樹『お金儲けは「インド式」に学べ!』(ビジネス社)の一部を再編集したものです。

 インド在住の公認会計士が目撃した、現地の残念な日本企業

 私がインドで会社を立ち上げて、ビジネスをしていると日本人に言うと、たいていこんな感じで返される。

 「え、インド! 大変ですね! 暑いんですよね? 水とか大丈夫ですか? たしか牛肉は食べられないんですよね?」

 実は、このような生活面においては、特に何の問題もない。水はミネラルウォーターならどこでも手に入れられるし、1年中真夏日というわけでもない(ただし、あのマクドナルドでもビーフが食べられないのは事実だが……)。

 では、インドで生きていくうえで一体、何が大変なのか。実際のところ一番キツイのは、社内外での「インド人とのやり取り」だ。彼らのマインド、仕事の進め方は、当たり前といえば当たり前だが、日本人とはまるっきり違う。そういった個人個人間のギャップに、いちいち対応しなければならないのが、とても大変なのだ。

 ここ3、4年、風向きが変わってきた

 インド人ビジネスマンに対する皆さんのイメージは、どのようなものだろうか。おそらく、よくいえば非常にアグレッシブ、悪くいえば「前のめり」「ガツガツ、オラオラ」な人が多いというものだろう。

 で、事実そのとおり。日本企業との合弁事業を提案として持っていくと、目を輝かせて「やろう、やろう!」と、その場で即答されることが多い。当然、そこから出資比率や役員数など重要なことを詰めていく。

 そして、どんなときでも彼らが口にする言葉は、

 「いいね!」

 皆、満面の笑みで外国企業と取引できることを大喜びし、ビジネスが成立するのだ。ところが、ここ3、4年、このような風向きが少し変わってきたように感じる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus