社会・その他

制作者不明…インスタに“マツコ絶賛”の「フェイク広告」 (1/4ページ)

 SNSで「マツコ絶賛」と書かれた広告を見たことはないだろうか。それはもしかしたら本人に無断で画像を加工し、あたかもその商品を推薦しているかのように見せかける「フェイク広告」かもしれない。なぜそういった悪質な広告が蔓延する事態となったのか--。

 ※本稿は、NHK取材班『暴走するネット広告 1兆8000億円市場の落とし穴』(NHK出版新書)の一部を再編集したものです。

 インスタに「マツコ絶賛」の広告が現れた

 東北地方に住む、大学生の茜さん(仮名・18歳)が、SNSのインスタグラムに表示された「ある広告」を見たのは、2018年12月のことだった。

 フォローしている友人や好きな女優が投稿した写真が次々と表示されるタイムライン上に現れたその広告は、あるダイエットサプリを宣伝していた。広告をクリックすると、新たなサイトが開いた。人気タレントのマツコ・デラックスさんの驚いた表情の下に、「○○(商品名)すげー!!」と字幕が付いている、テレビで取り上げられたかのような画像が現れ、ダイエットに効果があるという商品の特徴が紹介されていた。

 商品は定期購入で、月々6980円。少し高いと感じたが、払えない額ではない。初回は数百円の送料だけで、「30日間解約保証」と書かれていた。「試してみて、自分に合わなかったら解約できる」と思い、ネットで定期購入の手続きを済ませた。茜さんは購入を決めた理由についてこう話す。

 「マツコさんが番組で取り上げて、驚いている雰囲気だったので、普通にテレビ番組で紹介された商品なのかなと思いました。たまに芸能人の名前を1文字隠して紹介して、怪しい商品を売る会社があるとは聞いていたんですけど、その広告はマツコさんの顔が普通に映っていて。だから信用しました」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus