社会・その他

超大型台風10号、西日本直撃へ 土砂災害発生に厳重警戒

 超大型の台風10号は西日本の南の海上を北寄りに進み、お盆期間の14~15日にかけて暴風域を伴って西日本に接近・上陸する恐れがある。台風の接近・通過による総降水量は西日本から東日本太平洋側の南東斜面を中心に多い地域で千ミリを超える見通しだ。気象庁は13日午後の臨時記者会見で土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 台風10号は13日正午現在、鹿児島・種子島の南東約500キロを時速約20キロで北西に進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで中心から半径330キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。また中心の南側1100キロ以内と北側600キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

 一方、台風9号は13日未明、中国北部で熱帯低気圧に変わった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus