働き方

女性活躍、最優秀賞はローソン 東洋大学が17~19年のランキング公表

 東洋大は3日、企業・団体の女性活躍を客観的に評価する指標として開発した「女性活躍インデックス」に基づくランキングを公表した。公表を始めた2017年から3年通期の平均上位50法人のトップに輝いたのはローソンで、「最優秀賞」が授与された。女性役員の比率や育児休業取得率の高さが評価され、毎年トップ3に入り続けた。

 3年通期の2位はイオンビッグ、3位はパソナテック。今年の法人ランキングのトップはオムロンエキスパートリンクだった。

 この指標は厚生労働省の「女性の活躍推進企業データベース」から女性活躍を示す7項目を抽出し、独自の計算式によって算出。今年の調査対象となったのは、従業員1001人以上で、女性の比率が8割以下かつデータベースの主要項目に回答している1215法人だった。

 記者発表会に来賓として招かれた片山さつき男女共同参画担当相は「女性の場合は仕事と生活の両立のニーズがあるので、合理的に仕事の時間を調整して自分の利便性があるところに集中できる」と述べ、女性活躍推進が企業の生産性向上を後押しし、長期的な成長につながると指摘した。

 東洋大「女性活躍インデックス」法人ランキング

 順位 会社名/ポイント

  1 ローソン/4.86

  2 イオンビッグ/4.11

  3 パソナテック/4.07

  4 イオンファンタジー/4.04

  5 セブン&アイ・フードシステムズ/3.99

  6 日本郵船/3.78

  7 鉄道建設・運輸施設整備支援機構/3.77

  8 東京ガス/3.73

  9 リクルートコミュニケーションズ/3.70

 10 日本オーチス・エレベータ/3.61

 ※2017~19年の3年通期版

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus