話の肖像画

デジタル使いこなし、より良い会社へ ファストリ・柳井正氏(6) (2/3ページ)

 〈インターネット販売の開始は平成12年にさかのぼる。背景にはフリース販売の予想を超える大成功があった〉

 主にアウトドア用などに1万円や2万円で販売されていたフリースを、カジュアル衣料にして価格も1900円にしました。大成功し、12年の秋冬は、1200万枚の目標を2600万枚販売しました。色も51色をそろえました。店舗によっては全色の商品を並べることができません。そこで、ネットで全色を取りそろえて販売しようということにしました。

 〈昭和63年にはPOS(販売時点情報管理)システムをいち早く導入するなど、IT投資を続けてきた〉

 デジタルを世界一使いこなせる会社になろうと思っています。デジタルが入ったら、会社がガラッと変わると思っている人もいるが、そんなことはない。ダメな会社はやはりダメですよ。そうではなくて、デジタルの技術を本当にうまく使いこなし、より良い会社になることが大事です。コミュニケーションの方法や仕事のプロセスなど、すべてを組み替えないといけない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus