社会・その他

高齢者の免許返納、滋賀で急増 5月に起きた園児の死傷事故後 (1/3ページ)

 全国で高齢ドライバーによる事故が相次ぐ中、県内では65歳以上の高齢者の運転免許証の自主返納が増加している。大津市の交差点で車が保育園児らの列に突っ込んで16人が死傷した事故が起きた5月以降、返納者数は各月で前年比100人増と高い水準で推移し、8月末時点で前年同期比1052人増の4218人が免許を返納した。一方、高齢化や過疎化が進む山間地域などでは移動手段がなくなることへの不安から、依然として返納が進まないのが現状だ。(清水更沙)

県内で出張相談

 「右の注意が少し気になりますね。右折の時は注意が必要です」

 「やや動作や反応が遅いです。運転に不安はありませんか」

 今月24日、東近江市八日市緑町のスーパーの駐車場に置かれた交通安全教育車「近江ふれあい号」の車内では、70代を中心とした大勢の高齢者がアクセルやブレーキの正確な操作などの確認を行い、警察官からアドバイスを受けていた。

 県警は今年5月から、高齢ドライバーによる事故が多発していることを受け、高齢者の免許返納を促そうと、これまでに交通安全教育車で各地を回る出張相談を17カ所で行っている。

 車内には運転操作を検査するシミュレーターや記憶力や判断力をチェックするための機器が搭載されており、検査が終わると自身の運転能力がグラフや表で分析されたペーパーが出てくる仕組みとなっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus