働き方

社外から副業希望者を募集 三菱地所、子会社で受け入れ

 三菱地所は、子会社で副業として働くことを希望する外部人材の募集を3日に始めると明らかにした。専門知識やノウハウを活用する狙いがあり、本体での受け入れも視野に入れる。大企業が社外にいる人材の副業の受け皿になるのは珍しいという。

 まずはリラクセーション施設を運営する子会社「メディーチャ」(東京)で受け入れる。三菱地所が、市場調査やブランド戦略に詳しい2人程度を募集。選考を経て、労務管理を必要としない業務委託契約を結ぶ。勤務時間は月に4、5日程度とするが、本業との兼ね合いで柔軟に対応する。

 業務委託契約は、中途採用やコンサルティング企業へ依頼するよりもコストを抑制できる利点もある。三菱地所は今回の受け入れを踏まえ、他の子会社や本体でも募集するかどうか検討する。

 自社の社員の副業も、来年1月に解禁する計画だ。

 社外での経験を社員の能力アップにつなげたい考えで、月50時間までといった条件を付ける。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus