働き方

航空連合、ベア統一要求なしも 来年春闘

 航空会社などの労働組合でつくる航空連合は2日、東京都内で定期大会を開催し、来年の春闘で、従業員の基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)を統一目標として示さないことを選択肢として、議論を進めていることを明らかにした。

 職種によって業績の状況が異なることや多様化する職場のニーズに応えるため、「グランドハンドリング(空港の地上支援業務)なら30歳でいくらの月収を目指そう」など、企業や職種、年代ごとに要求額を決めることを検討する。現在、職種ごとの賃金水準などの調査を進めている。ただ、例年通りの統一目標を掲げる可能性もあるという。昨年はベアを軸として3000円以上の改善を求めていた。来年1月の方針決定に向けて議論を進める。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus