社会・その他

関西電力、元助役関係会社への発注工事の7割超で事前情報を提供  (1/2ページ)

 関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(故人)から多額の金品を受領した問題で、森山氏と関係のある建設会社に発注した工事の7割超で森山氏に事前に情報を提供していたことが関電の調査報告書で分かった。担当部署や元請け会社から工事の概算額や工期、発注先などの情報を聞き取り、資料にして森山氏に手渡していた。

 関電社内で契約前に工事情報を伝えるという不適切な行為が常態化していたことになり、コンプライアンス(法令順守)意識の欠如が厳しく問われそうだ。

 関電の原子力事業本部は平成26年9月~29年末、森山氏が顧問を名乗っていた「吉田開発」(高浜町)に対し、22件の工事を特命随意契約や指名競争入札で発注、そのうち16件で工事情報をまとめた資料などを提供した。さらにゼネコンなどを元請けとする形で91件の工事を間接的に発注し、うち67件でも情報が伝えられていた。

 結果的に吉田開発が受注した計113件のうち83件、7割超にのぼる工事で森山氏が事前に概算額などの情報を入手していたことになる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus