社会・その他

北朝鮮の漁船か、水産庁の取締船が能登半島沖の「大和堆」で衝突 

 海上保安庁に入った連絡によると、7日午前9時10分ごろ、石川県の能登半島の北西約350キロの海上で水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船とみられる船舶が衝突。漁船は大破した。

 海保によると、漁船は沈没しかかって乗組員約20人が海上に漂流し、漁業取締船が救助活動にあたっているほか、海保も巡視船と航空機を現場に向かわせた。

 現場は日本海の好漁場として知られる「大和堆(やまとたい)」。大破した漁船は鋼船だったという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus