働き方

「経済界と認識を共有」賃上げ継続要請に関して西村経済再生相

 西村康稔経済再生担当相は25日の閣議後記者会見で、経団連に対し令和2年春闘での賃上げ継続を要請したことについて「経団連からは賃上げの継続を重要な課題として捉えているとの反応があった。賃上げの重要性については経済界と認識を共有できたのかなと思っている」と述べた。

 会見で西村氏は「デフレからの脱却に向けては経済の好循環を力強いものにしていくことが大事で、賃金の上昇は非常に大事な鍵」と指摘。一方で政府としても、生産性向上への支援や下請け取引の適正化など、中小企業や小規模企業も含めて賃上げしやすい環境の整備に努めたいとした。

 西村氏は23日の経団連との意見交換会で、2年春闘で「外需に不透明感がある中で厳しい面があると思うが、賃上げの継続をお願いしたい」と求めていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus