社会・その他

佐野SAで再びスト通告 会社、損賠請求などに反発

 8月にストライキを行った栃木県佐野市にある東北自動車道佐野サービスエリア(SA)の従業員による労働組合が7日、運営を受託している「ケイセイ・フーズ」(同市)に対して、再びストライキを通告したと発表した。8日の朝、レストランで1時間の時限ストを実施する予定。

 労組が7日、東京都内で記者会見して明らかにした。労組によると、会社側は8月のストを正当な労働争議と認めず、当時の組合三役に計3億円を超える損害賠償を求めて提訴するとしたほか、加藤正樹執行委員長(46)に退職を迫っている。

 組合は正当な労働争議と認め、損害賠償請求や退職勧奨をやめるよう求め3日にスト通告したが回答がなかった。7日には、東日本高速道路に対応を求めて申し入れした。加藤委員長は会見で「会社が従業員に訴訟をちらつかせる異常な状況。安心して働ける職場を取り戻したい」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus