社会・その他

ウラン売買容疑で男子高校生を書類送検 「化学的に興味があった」

 インターネットオークションでウランやアメリシウムといった放射性物質の購入を繰り返し、ウラン化合物を自作して販売したなどとして、警視庁生活環境課は10日、原子炉等規制法違反などの疑いで、東京都小金井市の高校2年の男子生徒(17)を書類送検した。

 調べに対し容疑を認め、「ウランは珍しく、コレクションとしてほしかった。化学的に興味があり、ウラン化合物を作った。売れたら小遣い稼ぎになると思った」と説明したという。生徒は高性能爆薬を製造したなどとして、4月に火薬類取締法違反容疑で警視庁に書類送検されていた。

 警視庁は平成30年、原子力規制庁から「ウラン99.9%」などと記載された物質がヤフーのオークションに複数出品されていると通報を受け、捜査を開始。生徒の自宅などから押収したウランやウラン化合物の放射線量はいずれも0.1~0.6マイクロシーベルトで、1回の胸部エックス線撮影(50マイクロシーベルト)を大幅に下回る値だった。同課は「人体への影響はほとんどなく、危険性は低い。興味目的でテロなどに悪用する意図もなかった」と判断した。

 書類送検容疑は平成29年10月ごろ、オークションサイトで、所持に許可が必要なアメリシウムを約4万4千円で落札し、30年1月ごろには少量の劣化ウランを5500円で落札。同5~6月、海外サイトで購入したウラン鉱石を自宅で劇毒物に当たるウラン化合物の粉末に加工し、東京都内などの男性ら4人に計約1万9千円で販売したほか、31年7月、化学実験用のナトリウム約27グラムを所持したとしている。

 同課は同日、ウランやアメリシウムを出品した派遣社員の男(24)=長野県安曇野市=と、ウランを落札した薬剤師の男(61)=茨城県古河市=を原子炉等規制法違反容疑などで書類送検し、精製に使用する硝酸や塩酸を生徒に譲渡するなどした男子大学生(18)=神奈川県藤沢市=を毒劇物取締法違反容疑で書類送検した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus