社会・その他

処理水放出なら大幅希釈 第1原発、東電が素案公表

 東京電力は24日、福島第1原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含む処理水を海に放出する場合、海水で500~600倍に薄め、国の基準の40分の1未満にして放出する案を公表した。廃炉が完了する予定の2041~51年までに放出を終えたいとしている。

 記者会見した東電福島第1廃炉推進カンパニーの松本純一廃炉推進室長は「現実的に難しいわけではない」と説明した。

 約119万トンたまっている処理水のトリチウム濃度は1リットル当たり平均約73万ベクレル。基準では同6万ベクレルが上限だが、同1500ベクレル未満に薄める。現在、第1原発でくみ上げて海に放出している地下水と同レベルにする。大気に放出する場合も処理水をボイラーで蒸発させ、基準を満たすように空気で薄める。

 処理水の約7割には、トリチウム以外の放射性物質も基準を超えて含まれており、放出前に再浄化する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus